ウィンザー効果でモテる恋愛テクニック

他人から聞いた噂はなぜか信憑性が高いような気がする…あるあるですよね。それが「ウィンザー効果」です!この記事では、ウィンザー効果でモテる恋愛テクニックを紹介します。



Sponsored Link


ウィンザー効果とは


直接本人から知らされた情報よりも、第三者を通じて得た情報や噂のほうが、大きな影響をうける心理を「ウィンザー効果」といいます。ウィンザー効果は口コミ効果としてマーケティングでよく使われています。例えば、レストランから直接「うちのランチは美味しいですよ」と宣伝されるより、口コミサイトで「あのレストランのランチは美味しい」と知るほうが強く印象に残る、ということです。
なぜならば人間は、第三者からもらった情報を自分以外の多くの人が共有している情報だと想像してしまうからです。そして「多くの人が共有している情報」=「重要な情報」であると判断してしまいます。
ショッピングサイトでは必ず買った人のレビューが投稿できます。これにより第三者の満足度をレビューとして知らせることができ、購入検討者はその商品に満足している人がレビューを書いた人以外にもたくさんいるのだろうという想像します。購入動機としてかなり有効に作用します。あなたもそんな経験をお持ちではないでしょうか。

恋愛への活用方法


つまり片思いの相手にもウィンザー効果を利用すれば、あなたの魅力を効果的に伝えることができます。恋人まであと一歩という段階であれば強力な後押しになりますし、まだ知り合って間もなければあなたの印象を好意的なものへ塗りかえることができます。
あなたの魅力が彼の耳に入るように、彼の周囲の人にはことさら親切にしましょう。興味ない相手だから…と彼の周囲の人をぞんざいに扱っていると「彼女は本当に性格が悪い」と彼に聞かれてしまいます!逆の方向へウィンザー効果を発揮しないようにしてください。
共通の知人など本当に信頼できる第三者が間にいる場合、あなたの好意をそれとなく彼に伝えてもらうという手段もあります。上手くいけば好意の返報性との相乗効果が期待できます。

注意点


第三者から彼へあなたのアピールをしてもらう、というのはTPOと相手をわきまえなければいけません。例えば職場の人みーんなに彼への好意を吹聴すると、仕事とプライベートを分けたい男性の場合、気分が悪いかもしれません。(中には2人の仲を冷やかすようなバカがいるかもしれません。)職場の人にプライベートまで詮索されたくないと思っている男性にはもう逆効果です。そこまで思っていなくても、職場の全員があなたの彼への好意を知っているというのは、彼にとって居心地悪い状況でしょう。

ウィンザー効果を手伝ってもらう第三者は信頼できる人だけ限定にする、もしくは自然とあなたの良い評判が彼の耳に入るようにする、という点を守ってください。
もしそれでも上手くいかなければ「モテない女子の特徴と彼氏をつくる方法」の記事も併せて参考にしてください。



Sponsored Link

この記事へのコメント

人気記事