年下男子とのデートでやってはいけない4つ!

年下男子との初デート前日の夜はドキドキ…眠れない!なんて可愛いこと言ってる場合じゃないですよ。お肌のためにも早寝してください。初デートとはすなわち初接近戦!気合入れてください!この記事では年下男子とのデートでやってはいけないポイント4つを紹介します。



Sponsored Link


膝上ミニスカート


年下男子の世代は草食系男子が増えています。年齢が若ければ若いほど草食率は高いです。草食系男子からすると年上女子の膝上ミニスカートは恐怖です。取って食われそうな雌豹オーラにビビります。デートで勝負したい気持ちは分かりますが、戦闘モードはほどほどにした方が敵を油断させることができます。それだけではなく、保守的な思考の草食系男子たちはいい年した大人の膝上ミニスカートを「はしたない」と感じます。無理せずスカートは膝丈・ミモレ丈にしてください。


デートプランは全部決めてあげる


デートの行き先を全部コーディネートしてあげるのは頼もしい女性ですが、男性からするとやっぱり頼られていない感じがします。年下男子ならなおさら「俺が年下だから主導権握られるのかな」「頼りないと思われているのかな」と思ってしまいます。しかし男性は勝手なもので、毎回自分がすべて決めるのも負担に感じます。そこで女性から色々提案してもらえるのは嬉しいです。「夜は最後にここのお店行きたいな~」と言いつつ年下男子が行ったことないと思われるムーディな大人の店へ誘導してあげてください。全体のデートプランは彼にも考えさせましょう。


全て彼の言うことを聞く


デート中、何でもかんでも年下男子の言うことを聞いてはいけません。年下ってだけで可愛くて甘やかしたくなりますよね。うんうん。でも!あなたのその軽率な行動が彼を「ダメ男」に成長させてしまう危険があります。ダメ男と付き合っている女性をよく見ると、彼女達自身が彼氏を甘やかしているんです。付き合った当初は普通の男性だったのに、彼女の優しさに図に乗ってどんどんダメ男へ変貌してしまいます。年上彼女の魅力は彼氏を甘やかしてあげられる大きさであることは確かです。しかし彼が遅刻したら拗ねたフリぐらいする、こっちも可愛いちょっとしたワガママを言うなど、全部が年下男子のペースにならないように気を付けてください。飴とムチですよ。


全額おごる


「何でも言うことを聞く」と同様、彼をダメ男へ成長させる危険が高いのは分かっていただけますよね。人間って恐ろしいもので慣れるんです。毎回おごられていたら、それが当然になってしまいます。あと、年下男子のプライドを傷つける可能性もあります。なんか格下みたいに扱われた…と思うかもしれません。(ここで「ヒモにして貰える!」と喜ぶのは正真正銘のダメ男だけです。)男の繊細なプライドは大事にしてあげてください。一方で、年下世代は「割り勘派」の男性が増えています。あなたがアラサー&アラフォーならちょっと信じられないかもしれません。聞くと、「男女平等なのだから負担額も平等に」とのことです。年下の彼が「デートは割り勘」と考えている可能性を視野に、財布の中身を事前に用意した方が良いです。


年下男子との年の差がいくつであれ、相手を年下だと思って身構える必要はないです。意識しない方がお互いに楽しいデートになります。ただし、彼に対して「あれ?」と思う場面があっても目くじらを立てないでください。今後あなたが彼をイイ男に育てていけば済む話です。
もしそれでも上手くいかなければ「モテない女子の特徴と彼氏をつくる方法」の記事も併せて参考にしてください。



Sponsored Link

この記事へのコメント

人気記事