合コンで好感度の高い自己紹介のコツ4つ

人の第一印象は15秒で決まるとも言われています。つまり合コンでは自己紹介であなたの印象が決まってしまうということです。合コンでモテるためには、自己紹介が超重要です。この記事では合コンで好感度の高い自己紹介のコツを4つ紹介します。



Sponsored Link

笑顔と明るい声


アメリカの心理学者メラビアンの有名な「3Vの法則」をご存知ですか?初対面の人の印象を左右するのは、7%が言語情報(言葉そのものの意味・話の内容等)、38%が聴覚情報(声のトーン・速さ・大きさ等)、55%が視覚情報(表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等)とされるものです。緊張すると表情や声が硬くなる方は多くいらっしゃいますよね。まずは笑顔と明るい声の練習をしてください。

あなたの短所は隠しておいて


初対面だと最初に聞いた話がイメージとして定着してしまいます。しょっぱなから自虐ネタでウケようとしないでください!その印象が残ったら最悪です。あなたの短所はおいおい仲良くなってから、チラっと見せしましょう。下手にウケ狙いの自己紹介をすると「お笑い担当」の役割が回ってきてしまう可能性もあります。

仕事の説明は一言で


社会人同士の合コンであれば必ず仕事の話題になります。でも自己紹介の段階で長々と自分の仕事について説明しても、異業種や初対面の人には伝わりません。伝えようと思うと説明が長くなるので、思い切って一言で済ませてください。「会社では事務をやっています。」「IT系の会社で営業してます。」他人にとっては知らない仕事の話はこんなもので充分です。親密になればあなたの仕事の詳しい説明をする機会ができます。あなたの仕事の頑張りは、その段階になったらアピールしてください。

共通点を見つけやすい趣味


趣味の話は、相手から共通点を見つけてもらうことを目的に話してください。超マニアックな趣味をお持ちの方は話したい気持ちを抑えて、メジャーな趣味の話をした方がいいです。その後の会話が広がりませんから!合コンの自己紹介は、本当の自分を分かってもらう場面ではありません。その後の合コンの場で、いかに相手からアプローチしやすくしてあげるかの布石なのです。最近見た映画や本、食べ物、休みの日にしていることなどが話しやすいでしょう。相手が絡みやすい話題を提供してあげてください。

これであなたの合コンのスタートは上々です。さらに相手の自己紹介もよく聞いて、小さなネタでも拾って会話の糸口にしましょう。自分の自己紹介の内容を覚えていてもらえると「そんなことまで覚えているなんて自分に興味があるのかな」と思っちゃいます。そうすると相手はますます、あなたに興味を引かれます。ぜひお試しください。
もしそれでも上手くいかなければ「モテない女子の特徴と彼氏をつくる方法」の記事も併せて参考にしてください。



Sponsored Link

この記事へのコメント

人気記事