年下男子への片思いNG行動5つ

年下男子へ片思いしていると、どう思われているのか分かりにくくて不安になりませんか?恋愛対象としてお近づきになる前にこれだけはやってはいけないNG行動5つを紹介します。参考にしてください。



Sponsored Link

年齢を強調する


年下男子との年の差を気にするあまり言ってしまう「私なんてもうオバさんだから~」「若い女子には負けるよ」などの発言は、あなたの年齢を強調するどころか本当にオバさんだと思われてしまいます!言われた相手はそりゃ「そんなことないですよ」って言うしかないですよ。ハッキリ言ってめんどくさいオバさんです。年齢は気になりますが、グッとこらえて年齢に関する話題を自分から言うのはやめてください。「私いくつに見える~?」なんて言語道断です。
「若い頃はそうだよね」「あなたの年齢ならそれぐらいじゃない?」など、年下男子の年齢を強調する発言も避けましょう。「若い」と思われて嬉しいのは女性だけです。男性の場合、舐められている、半人前だと思われていると喜ばない人が多いです。

女子力アピール


若い女子には負けられない、私だって若い頃は…年齢を重ねてくると後輩たちへの対抗心が出てきます。年下男子に片思い中ならなおさらです。でも全力の女子力アピールは周囲から見ると痛々しいです。そっとタオルを掛けてあげたくなります。「女子力アップのために料理教室に通っていて~」と話題にしても、そもそも「女子力」という言葉が嫌いな男性もいます。謎の女アピールにうんざりするんですよね。もちろん女子力を磨くことは重要ですが、自分で宣伝しなくても周囲は気付いてくれます。大丈夫です。

結婚願望がチラ見え


年下男子は年上彼女ができたらすぐに意識するのが結婚です。でも付き合ってもいないのに結婚願望を垣間見せてくる女性との恋愛はハードルが上がります。近づいたら絶対結婚させられそうというか…尻込みしてしまう男性は多いです。年下世代は結婚に肯定的で早婚の傾向が出ています。あなたから結婚を匂わせなくても、お付き合いが始まれば彼は真剣に考えてくれます。また年下男子に限らず、もしあなたが普段から周囲に結婚願望・婚活を宣言しているならば、それがあなたの婚期を遅らせる原因になっています。男性から見ると、結婚することばっかり考えている女性は「結婚」という目的のための男性を選んでいそう…男性は敏感ですのでご注意を。

ネガティブ発言


ネガティブな発言は周囲を疲れさせます。何を言っても「でも」「だって」で返ってくるとうんざりです。特に年下男子は年齢は上なのにそんな子供っぽい女性に憧れません。「あの人のああいうところがダメ」「○○さんは仕事できない」というような他人に対してネガティブな発言をするのも避けてください。あなたの評判を落とします。年下男子が恋愛対象の女性に求めているのは、一緒にいて楽しい、自分を一段上に引き上げてくれるというポジティブな刺激です。ポジティブオーラを意識しましょう。

プライドが高い


あなたの年齢を重ねているからこそのプライドが、年下男子を近付かせないようにしているかもしれません。それでなくても年上女子ってとっつきにくいものです。下手なこと言ったら怒りそうなプライド高めの年上女子とは、なるべく距離を取っておきますよね。自虐的に低姿勢にまでする必要はありませんが、年下男子にはあなたの方からフランクに接してください。「女子だもん!男子から誘われるの待たなきゃ!」ってそのプライドがNGです。

年上とか年下とか気にするとややこしくなるので、対等な立場のつもりで仲良くなってください。
もしそれでも上手くいかなければ「モテない女子の特徴と彼氏をつくる方法」の記事も併せて参考にしてください。



Sponsored Link

この記事へのコメント

人気記事